大林道路(1896)の配当分析[基準日:期末3月]

会社&株式情報

舗装と土木、建築関連の事業を展開。またアスファルト合材の製造販売も行っている。東洋テックス、カネナカ、ミノル工業、TMSライナー、日本スナップロックなど連結子会社2社&関連会社3社あり。株式会社大林組が親会社。

  • 会社:大林道路株式会社
  • 上場:東証1部
  • 証券コード:1896
  • 単元株数:100株

配当金

1896

過去推移 配当
(1株)
1株利益
(連結)
配当性向
(連結)
利回り(最低~最高)
2013年3月 8円 44.69円 17.9% 1.96%~4.73%
2014年3月 12円 85.13円 14.1% 1.90%~3.58%
2015年3月 16円 116.17円 13.8% 1.95%~3.27%
2016年3月 20円 159.02円 12.6% 2.16%~3.28%
2017年3月 20円 150.69円 13.3% 2.36%~3.35%

※2013年は特別配当4円、2014年は特別配当4円、2015年は特別配当6円を含む。

2017年3月期は若干業績を落としたものの減配しませんでした。配当性向は10%前半が続いています。利回りも2~3%であまり変化なし。

  • 参考株価:597円~847円(年間の最安値~最高値)

参考株価から計算すると59700円~84700円(100株)の投資で2000円のリターン。

権利確定月(基準日)

  • 支払い:年1回
  • 権利確定日(期末):3月末日
年間配当例 合計20円
第1四半期  0円
中間  0円
第3四半期  0円
期末  20円

年1回の期末配当を実施する方針。