日本基礎技術(1914)の配当分析[基準日:期末3月]

会社&株式情報

ダム基礎工事、環境保全工事、建設コンサルタント業、地質調査などを中心に事業を展開。オーケーソイル、日本施設管理、オリオン計測など連結子会社2社&関連会社2社あり。

  • 会社:日本基礎技術株式会社
  • 上場:東証1部
  • 証券コード:1914
  • 単元株数:100株

配当金

1914

過去推移 配当
(1株)
1株利益
(連結)
配当性向
(連結)
利回り(最低~最高)
2013年3月 3円 0.46円 652.2% 0.81%~1.27%
2014年3月 3円 2.85円 105.3% 0.58%~1.08%
2015年3月 8円 57.67円 13.9% 1.67%~2.62%
2016年3月 8円 33.42円 23.9% 1.35%~2.08%
2017年3月 8円 -31.68円 1.62%~2.55%

毎年一定額の配当を出しています。2017年3月期、純損失(一株益マイナス)でも無配にしていませんでした。

  • 参考株価:314円~495円(年間の最安値~最高値)

参考株価から計算すると31400円~49500円(100株)の投資で800円のリターン。

権利確定月(基準日)

  • 支払い:年1回
  • 権利確定日(期末):3月末日
年間配当例 合計8円
第1四半期  0円
中間  0円
第3四半期  0円
期末  8円

配当政策には「中間配当と期末配当の年2回」と書かれているが、過去の配当実績だと年1回の期末配当のみ実施。